システムエンジニア科 ITインフラエンジニアコース

ITインフラエンジニアコース

ITインフラエンジニアコース[ 2年次4月コース選択 ]

システムを稼働させるための基盤(インフラ)として、利用されるサーバやネットワーク機器は、WindowsOSではなく、LinuxOSが主流です。本校では、Linuxサーバを中心に据えた授業を展開、企業システムに欠かせない仮想化/クラウド技術を用いたプラットフォーム構築など実践的な演習を通して即戦力のインフラエンジニアを養成します。

目指す職業

目指す職業

  • インフラエンジニア
  • クラウドエンジニア
  • サーバエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • システムアドミニストレータ 他
目指す資格

目指す資格

  • 情報処理安全確保支援士試験【国家試験】
  • データベーススペシャリスト【国家試験】
  • ネットワークスペシャリスト【国家試験】
  • 応用情報技術者【国家試験】
  • 基本情報技術者【国家試験】
  • 情報セキュリティマネジメント【国家試験】
  • 情報セキュリティ教育・認定資格(SEA/J)
  • CompTIA認定資格
  • ORACLE MASTER Database
  • Linux技術者認定試験(LPIC) 他

主な
学習内容

1年次
インフラエンジニアはソフトウェアだけではなくハードウェアの知識も重要です。どちらも基礎理論を理解するところからスタートします。
2年次
1年間を通して実習を行い、実践的なスキルを養います。後期からは、LPICなどのITインフラエンジニアにとって重要な資格にも挑戦していきます。
3年次
プライベートクラウド環境、PaaS環境などを実際に構築し、即戦力レベルの知識と技術の定着に励みます。また、SEとしての技術習得も並行して行います。

学びの
ポイント

Point 01

ハイレベルなシステムエンジニアを育成
自ら考え、発想し、企画を立て、図面を描いて開発ができるシステムエンジニアを育成します。

Point 02

重視されるセキュリティの領域も学ぶ
今のシステム開発にネットワークとの関連は不可欠。重要なセキュリティについても広く深く学びます。

Point 03

海外でも活躍できる実力を身につける
世界標準とされるネットワーク資格「CompTIAのNetwork+」を学習。海外で活躍できる力を身につけます。

Point 04

高度な資格取得を目指す
現役プロも受験する資格に挑みます。取得すれば就職は断然有利。資格取得者は多数誕生しています。

Point 05

豊富な実習で技術力と応用力を磨く
実習量が他より圧倒的に多いのが特徴です。さまざまな実習を通じてプロ並みの実践力を養います。

Message

リアルなプロジェクト授業でプロの仕事に必要なものを実感!
Student

リアルなプロジェクト授業で
プロの仕事に必要なものを実感!

システムエンジニア科 3年
豊枝 香 さん (札幌第一高校出身)

[取得資格]
●情報処理安全確保支援士試験 ●データベーススペシャリスト ●応用情報技術者 ●基本情報技術者

現場経験が豊富な先生が多いおかげで、授業はかなり実践的です。例えば昨年はチームで数ヶ月をかけて本格的なシステム開発に取り組みました。先生をクライアント役に見立て、要望の聞き取りからスタートして設計・開発、納品まで一連の流れを実践しました。システムをゼロから作る中で、チームワークの重要性も学べたのは大きな収穫でした。人間性もさらに磨いて、現場で真に頼りにされるエンジニアになりたいです。
技術力では誰にも負けない!そんなエンジニアを育成します
Teacher

技術力では誰にも負けない!
そんなエンジニアを育成します

佐藤先生

学生にはとにかく技術を磨いて、現場で驚かれるくらいになってほしいです。HCSにはそれを支える環境が整っていますし、我々も全力で応援します。実際、その証として高度な資格を取得する人もいます。自主的に学びに取り組めるようアクティブラーニングも取り入れています。学生時代はどん欲でとんがっているくらいでいい。3年間、「絶対に目標を実現するんだ!」という野心を持って学んで、未来を開きましょう!

〜入学から卒業まで〜 3年間のロードマップ

〜入学から卒業まで〜 3年間のロードマップ

これからの時代はITで決まり!

これからの時代はITで決まり!

この他のコースも見てみよう!

  • 【3年制】システムエンジニア科 AIエンジニア・SEコース