すごいぞ快挙だ!!『文部科学大臣賞』受賞!

マルチメディア検定エキスパートの合格者から最も優秀な学生に送られる『文部科学大臣賞』に、本校ゲームクリエイタ科の一瀬君が受賞しました。

見出し

【一瀬君 一問一答】

Q.試験に臨んだ時の気持ちは?
A.まずは、受かることに重点をおいていました。

Q.文部科学大臣賞の受賞を聞いての感想は?
A.えーーどういうことかな?満点でもないのに?が最初でした。何かの間違いではないかと思いました。

Q.随分謙虚なんですね。試験対策はどうでした?
A.資格に強い学校なので、対策授業の解説も噛み砕いて説明してくれて、わかり易かったです。何より、クラス全員で受験したので、共に競い合って伸びていくことができました。学習環境の充実も素晴らしいです。

Q.今後の目標は?
A.今回の資格も含めて、情報処理技術者試験の基本情報技術者試験と応用情報技術者試験も1回で受かっています。更に、高度種(データベーススペシャリスト試験)やCG-ARTS検定の別の資格にもチャレンジしたいです。今は「モノづくり」で「パズルゲーム」を作っています。新しい発想のゲームを作るという目標を持っているので、そちらも達成したいです。

Q.文部科学大臣賞の受賞は、就職にも大変有利に働きます。どんな将来を思い描いていますか?
A.所属がゲームクリエイタ科なので、ゲーム業界はもちろんですが、多くの資格を取得できたので、その知識を活かして通信インフラやシステム業界にも興味が出てきています。

Q.可能性がたくさん広がって素晴らしいですね。今後、一瀬君にあこがれて、資格試験に前向きに取り組む学生が多く出てくると思います。そんな彼らにエールを下さい。
A.無理をしないで、「休む時は休み、やるときはしっかりやる」自分ペースを守って頑張って下さい。

Q.ありがとうございました。改めて文部科学大臣賞の受賞おめでとうございます。

 謙虚な態度でインタビューに応えてくれた一瀬君。秘めた強い意志が見え隠れていたのが印象的でした。今後の彼の頑張りからも目が離せませんね。
CG-ARTSの学生に向けた取り組み
 CG-ARTS主催の検定を受験し卓越して優秀な成績を収めた個人・団体に対して、所管である文部科学省が『文部科学大臣賞』を贈呈しています。「CGクリエイター検定」「Webデザイナー検定」「CG エンジニア 検定」「画像処理エンジニア検定」「マルチメディア検定」の中の一人に選ばれました。
 大変栄誉なことです。一瀬君おめでとう!!
サンプル画像1
お越しいただいたCG-ARTSの篠原様より、表彰していただきました。
サンプル画像2
篠原様と一瀬君との記念ショット!!いい笑顔です。本当に嬉しそうです。

本校もCG-ARTS賞「合格者数部門」を受賞

 本校のゲームクリエイタ科ゲームWeb科の学生は、「CGクリエイター検定」「Webデザイナー検定」「CG エンジニア 検定」「画像処理エンジニア検定」「マルチメディア検定」の資格を積極的に受験しています。今年度(H28 年度)は、125名の合格者が出ての受賞です。これも学生の努力の賜物です。大変、名誉な賞をいただきありがとうございます。
本校もCG-ARTS賞「合格者数部門」を受賞

ニュース一覧

ダブルスクール系

クリエイタ系おすすめ学科

[4年制] 大学併修科 情報メディア学専攻

[4年制] 大学併修科 情報メディア学専攻 ゲームプランナーコース

道内で唯一「大卒」と「ゲーム制作技術」を得られる4年制学科。
「大卒」の学歴を得られるのに加え、実践的な専門学校科目からゲームプログラミング技術を、最新・最先端のハード・ソフトウェア環境で磨きます。本校では最新ガジェットをどこよりもいち早く導入し、次世代の大卒クリエイタを養成しています。
[3年制] ゲームクリエイタ科

[3年制] ゲームクリエイタ科 上級ゲームエンジニアコース

本校にはUnity、UE4、Maya、3ds Maxをはじめ、様々なゲーム開発に必要な最新環境が揃っています。それに加えて高度なIT技術教育を行うことで確かな技術を持ったクリエイタを養成できるのが本校の魅力。また、ゲーム業界との交流も深く、ビッグネームのゲーム企業が本校で「特別授業※」等を開催しています。
※H28年度実績/(株)バンダイナムコスタジオ、(株)スクウェア・エニックス、(株)コロプラ、(株)サイバーコネクトツー…など。
[2年制] ゲームWeb科

[2年制] ゲームWeb科 ゲームエンジニアコース

C#、Unityなどを学習することで時代に対応した即戦力のゲームプログラマを養成しています。また、ゲーム企業の採用試験でもある「作品」制作(ものづくり)に多くの時間を割き、先生のフォローのもとオリジナル作品制作に挑んでいます。「夢を現実に」をキーワードに、仲間と一緒にチャレンジするのがモットーです。