学生インタビュー

01 先生、先輩、仲間 みんなで成長する学校です
01 先生、先輩、仲間 みんなで成長する学校です

僕がHCSに伝統を感じるのは、何といっても資格の対策授業の充実ぶりです。独自に制作されたプリントで勉強するとぐんぐん力がついていくのを感じます。ベテランの先生方の解説もわかりやすく、ノウハウが蓄積されているのを実感します。
課外活動にチャレンジするチャンスが多いのもさすがです。僕は1年次にビジネスコンテストに参加しました。準備期間に複数の企業に指導を受ける機会を作っていただいて、業界とのネットワークの強さを感じました。同時に印象的だったのが、先輩方のサポート。辛口のコメントもいただきましたが、熱心に、具体的でわかりやすいアドバイスをたくさんくださいました。その恩は後輩に返していくつもり。学年を超えたつながりの強さを受け継いでいきたいです。
先生たちは学生のことをよく考えてくれて、何でも話せます。また、現場で培った知識や技術を惜しみなく教えてくれるので、勉強にも力が入ります。将来は、先生たちのようにエンジニアとして最先端で活躍したいですね。便利で人々の役に立つシステムをがんがん開発したいです。

02 ITの国家資格を武器に自信を持って社会で活躍したい
02 ITの国家資格を武器に自信を持って社会で活躍したい

短大を卒業してHCSに再入学しました。百貨店から内定を得ていたのですが、将来を改めて考えた時に、「私にはこれができる」という自信が持てる武器が無いことに不安になって…。それで元々興味があったITのスキルを身につけ資格の取得を目指そうと。HCSを選んだのは、国家試験の合格実績です。Twitterをフォローしてみると、コンテストの結果や生き生きした学生の様子が伝わってきたことも決め手になりました。
国家試験の2ヶ月ほど前からは時間割が完全に対策授業になります。レベル別でクラスが分けられるので自分のペースで取り組むことができますし、ベテランの先生方についていけば大丈夫という心強さがあります。実際、模擬試験のたびに成績が上がってやる気も高まります。また、他者に教えるのも理解を深めるのに効果的ということで、グループで教え合う時間も授業内に設けられています。みんなで同じ目標に向かって頑張る雰囲気が刺激になります。
まずは基本情報技術者の資格を取得し、来春には応用情報技術者試験に挑戦を。卒業後には、それらを武器に、女性ITエンジニアとして第一線で活躍したいです。

03 実践に取り組みながら技術を磨く リアルな学習環境が刺激的です
03 実践に取り組みながら技術を磨く リアルな学習環境が刺激的です

ゲーム制作をメインテーマとする僕の学科は、当然ながら実践重視。与えられたテーマに沿って、チームごとにどんなものを作るか話し合い、必要な技術や情報を自分たちで調べながら協力して制作します。仲間と意見をぶつけ合うのが楽しくて、夢中で取り組んでいるうちに自然とスキルが身についていくように感じます。
HCSは実習環境もかなり恵まれていて、新しいソフトやツールが出るとすぐに導入してくれるので、いつでも好奇心は刺激されっぱなしです。昨年参加した東京ゲームショウでは、AR(実際の風景とバーチャルを重ねる技術)を使ったゲームを出展しました。
会場でたくさんのお客様にプレイしてもらい、感想を聞けたのは嬉しかったです。その他にもコンテストや特別講義など、現役クリエイタの方から作品への意見をいただくチャンスがありますし、最新の現場の技術や視点を学べるのはHCSの大きな魅力だと思います。
卒業後は、札幌のゲーム会社でプランナーとして働くことが決まっています。一人でも多くの人に楽しんでもらえるゲームを企画・開発したいと今から張り切っています。

04 親身な指導でITにも自信 先生の熱意で胸が高鳴る
04 親身な指導でITにも自信 先生の熱意で胸が高鳴る

実は入学前、コンピュータに少し苦手意識を持っていたんです。でも現代の必須アイテムですから何とかしたいと考えて、いろいろ調べる中でHCSなら解消できると信じて入学しました。実際、先生はていねいに教えてくれますし、放課後などにも気軽に聞ける雰囲気で、着実に知識や技術を積み重ねることができています。資格もすでに8つ取得し、今では結構自信もつきました。
目標は警察官です。高校の頃から憧れていて、どうしてもなりたくて。オープンキャンパスに参加した時に、先生に「2年後、絶対に合格させてやる」と言っていただいてから、この先生についていこうと決めて頑張っています。
先生は、普段から何かと声をかけてくださり、すごく心強いです。授業外にもマンツーマンで試験対策をしてくれたり、2年次からは「約束を果たすときがきたな」とさらに熱心に指導してくださるようになりました。僕も絶対に合格してやると胸がいっそう熱くなりました。いま全力で取り組んでいます。周りのみんなもすごく親身に応援してくれているので、ぜひその期待に応えたいです。

05 いろいろ選べて納得の就職 磨いた力を生かすのが楽しみです
05 いろいろ選べて納得の就職 磨いた力を生かすのが楽しみです

オープンキャンパスで、就職の質にこだわりを持っていると聞いて、信用できる学校だと感じたのがHCSの第一印象でした。それまでなんとなく事務職になりたいと思っていたのですが、卒業生の就職先を見るとみなさんすごいところに入っていて、私もこうなりたいと欲が出るようになり、入学を決めました。
私は冠婚葬祭を行う企業に就職することになりました。お客さまにとって大事なイベントに携わることにやりがいを感じました。先生には多くの企業を紹介いただき、いろんな角度から検討した上で決められたので、満足度は高いです。面接練習は先生とマンツーマンで行いました。本番の直前はほぼ毎日。時に厳しい指摘も受けましたが、最終的には「絶対に受かる」という言葉をもらって、自信を持って臨むことができました。
学んだコンピュータの技術は必ず役立てられると思っています。オフィス系ソフトはばっちり身につけましたから。また、その学びを通じて物事を複合的に見る力も磨かれたと思います。HCSで得た力はいろんな場面で活用できそうで、今から仕事を楽しみにしています。