システムエンジニア科 ITインフラエンジニアコース

3年制

  • サーバー
  • ネットワーク
  • セキュリティ

  • プログラミング
  • AI
  • IoT

ITインフラの知識と技術を持つ、
ハイレベルなエンジニアを目指す

システムを稼働させるための基盤(インフラ)として、利用されるサーバやネットワーク機器は、WindowsOSではなく、LinuxOSが主流です。本校では、Linuxサーバを中心に据えた授業を展開、企業システムに欠かせない仮想化/クラウド技術を用いたプラットフォーム構築など実践的な演習を通して即戦力のインフラエンジニアを養成します。

ITインフラエンジニアコース
学びのポイント

  • 1 1

    自ら考え、発想し、企画を立て、図面を描いて開発ができる。数多くの実習の中で知識と技術が身に付きます。

  • 2 2

    今のシステム開発にネットワークとの関連は不可欠。重要なセキュリティ領域についても広く深く学びます。

  • 3 3

    世界標準とされるネットワーク資格「CompTIAのNetwork+」を学習。海外でも活躍できる力を身につけます。

TOPICS

  • クラウドサーバルームを設置
    クラウドサーバルームを設置
    Webサービス提供に必須となったクラウドコンピューティング技術。HCSでは、最先端の技術学習を支援するクラウドコンピューティング学習用の「クラウドサーバルーム」を設置! 現場さながらのバーチャルサーバーを100台設置。
  • AI実習専用 「AI ZONE」新設
    AI実習専用 「AI ZONE」新設
    AIディープラーニング用の怪物サーバーマシン設置!人気言語Pythonを始め、専門学校としては異例ともいえる『ディープラーニング』も当サーバーを活用することで実際の機械学習を通じて学ぶことができます。
  • コンテスト入賞実績
  • ゼミ・卒業研究

安心の就職実績

就職率96.9% 290名中281名就職決定 正社員率100% 就職決定者全員が正社員
目指す職業
  • システムエンジニア(SE)
  • ITインフラエンジニア
  • AIアプリケーションエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • データベースエンジニア 他
こんな有名企業に内定しています
アクセンチュア(株)、(株)NTT東日本 北海道、(株)ラック、(株)アシスト、(株)アルファシステムズ、(株)SIG、(株)クレスコ、(株)システナ、トランス・コスモス(株)、富士ソフト(株) 他多数
就職実績を詳しく見る

全道No.1の資格実績

大学をも凌ぐ、国家試験実績 全道No.1 2019年の「国家試験取得者」710名

目指す資格
  • 情報処理安全確保支援士試験【国家試験】
  • データベーススペシャリスト【国家試験】
  • ネットワークスペシャリスト【国家試験】
  • 応用情報技術者【国家試験】
  • 基本情報技術者【国家試験】
  • 情報セキュリティマネジメント【国家試験】
  • CompTIA認定資格
  • ORACLE MASTER Database/Java
  • Linux技術者認定試験(LPIC/LinuC) 他

ベンダー資格・ベンダーニュートラル資格

ベンダー資格・ベンダーニュートラル資格

高度な実践力習得を目的に、メーカーや団体とアカデミック契約を結び、業界標準のよりハイレベルな技術習得を行います。道内教育機関で4つ全て学べるのは大学・専門学校でHCSだけです。

※ベンダー資格とは…ベンダー(メーカー)が、自社で開発した製品についての操作技術能力や管理技術能力の認定資格。 ※ベンダーニュートラル資格とは…特定のベンダーの技術や製品に依存しない認定資格。
資格実績を詳しく見る

HCSのスゴさがわかる 学びのポイント

クラス担任と就職指導スタッフがWサポート 入学時パソコン初心者は85%

入学者の85%が経験ゼロ!入学してから1ヶ月は初心者用の授業がメイン。最初は基礎から、でも卒業後には業界をひっぱるプロレベルになることができます。

HCSは開校から50年超え。卒業生は18,000人。IT業界を中心に、各種産業に多くの人材を送り込んできた実績があります。この抜群の環境がキミの力になります。

〜入学から卒業まで〜
3年間のロードマップ

プログラム初心者から大会、国家資格取得を経て 大型システムの開発ができる人材へ

主な学習内容

インフラエンジニアはソフトウェアだけではなくハードウェアの知識も重要です。どちらも基礎理論を理解するところからスタートします。

1年間を通して実習を行い、実践的なスキルを養います。後期からは、LPICなどのITインフラエンジニアにとって重要な資格にも挑戦していきます。

先生からのメッセージ

先生からのメッセージ 飯野先生

プロと同じチーム体制での実習が
現場で使える本物の実力を養います

実践力の獲得が、この学科のテーマ。実習時間を多く設定し、プログラミングやシステム設計など、実際に取り組む中で知識と技術を身につけられるようにしています。実習スタイルも企業などと同様に、チームを組んでメンバーで意見交換しアイデアを出し合い、役割分担して作り上げていきます。自分たちで組んだプログラムが指示通りに動くと楽しいですよ。エンジニアのやりがいを実感できるはずです。

在学生からの声

思い通りに開発できるスキルと
難関資格を目指して頑張っています

HTMLやJavaなど実際にプログラミングする授業が好きです。自己紹介のWebサイトを制作したり、技術を習得した分だけできることが増えるのが目に見えてわかるのでやりがいを感じます。また、知識を蓄えることで、ふだん利用しているWebサイトやシステムの仕組みも想像できるように。特に最近は通販サイトなどで使われるAIに興味があって、自分も開発できるようになりたいと意欲が高まっています。そのために技術を磨き上げ、難関の国家資格にも挑みたいと思っています。

システムエンジニア科 木村 碧斗 さん(札幌開成高校出身)

[取得資格]●基本情報技術者

オープンキャンパス日程一覧を見る 資料請求のお申し込み