ICTエンジニアに「なりたい」

次の時代の、いちばん先へ

ICTは現代社会における最新技術の集積、秒単位で進化する世界です。
それほどの最先端の分野を目指すキミなら、見合った実力を持つスペシャリストにならなくてはいけない。
そして、時代を先駆ける人材にならなくてはいけない。
HCSは今考えられるベストの環境を整え、胸を張って、この世界でやっていくのだと宣言できる次世代の
ICTエンジニアを育成します。

ICTを仕事に。
システムエンジニア科[ 3年制 ]
  • AIエンジニア専攻
  • ネットワークエンジニア専攻
  • サイバーセキュリティ専攻

  • インフラエンジニア専攻
  • SE・プログラマ専攻
AIエンジニア、セキュリティエンジニア、ネットワークエンジニアなど上級ICTエンジニアを目指します。目標の国家試験(経済産業省)は最難関レベル4!道内屈指のICT技術教育を受講できます。大手ICT企業から先進的なICT業界への就職を目指し、日本のICTを牽引する人材を養成します。
  • AI-ZONE[AI専用実習環境]を活用し即戦力となるAIエンジニアを目指します。
  • 国家試験レベル4:情報処理安全確保支援士試験合格を目指します。
高度ICT技術習得に特化した3年制学科

「やりたい」「なりたい」で選べる3つのフィールド・多彩な専攻

「やりたい」「なりたい」で選べる3つのフィールド・多彩な専攻

横にスクロールするとロードマップが確認できます

学びの中で自分の適性や目指す職種から卒業研究時に専攻を選びます。
専攻はわかりやすく3つのフィールドにカテゴライズされています。
  • ICT技術を極める「AI・システム開発フィールド」
  • ICT運用技術を極める「ITインフラ・セキュリティフィールド」
  • ICT活用技術を極める「情報ビジネスフィールド」
就職もバッチリ!わずか2年間でも安心の就職力を誇ります。
2年制学科から更に技術力を高めたい方には、システムエンジニア科(3年制)・ゲームクリエイタ科(3年制)への進級の道を準備!就職だけではない多彩な進路選択ができるのも当学科の魅力のひとつです。
就職するも良し、進級するも良し。「最短の期間でいち早く社会で活躍したい」・「ICTに興味はあるものの、ちょっと不安」そんな方々にピッタリの学科です。
体系的なカリキュラムでICT技術を2年間で習得

システム系学科ロードマップ

システム系学科ロードマップ

横にスクロールするとロードマップが確認できます

STEP1 ICTの基礎を身につける

システム開発やインフラ構築の基礎となる知識を身につけ、国家試験に挑戦!!
ハードウェア/ソフトウェア
  • 基本情報技術者の取得で必要になる知識
  • メモリや回路、OSの制御について
コンピュータ内部を知ることで、組込みシステムの開発にも役立ちます。
※家電製品や機器に埋め込むプログラム。
データベース
  • システムで、必ず扱うデータについての知識
  • システム上で利用するデータの取得方法
AIシステムにおいてもデータは重要です。AIは膨大なデータを学習して賢くなっていきます。
アルゴリズム
  • プログラミングを学ぶ上で欠かせない知識
  • プログラムで問題を解決するための手順
近年、重要視されているテーマの一つです。論理的な思考を養うことにも繋がります。
ネットワーク
  • セキュリティやネットワーク関連で必要な知識
  • インターネットの仕組みの基礎を学ぶ
ネットワークについて理解を深めることが、インフラ構築業務の礎となっていきます。

基本情報技術者取得

基本情報技術者取得

170名受験 73名合格

※1年生の合格率(2019年秋実績)
(システムエンジニア科・ITシステム科)

STEP2 一人でシステムを作る

ICTの基礎知識を身につけた後は、いよいよ一人でシステム開発へ!!
Javaでシステム開発

Javaでシステム開発

システムを開発する上でプログラミングは必須スキルです。AIを活用したシステム構築にも前提となります。HCSでは、経験者だけでなく、初心者にもゼロから技術を身につけられるカリキュラムが充実しています。

例えば、こんなアプリを作ります

  • AIを活用したアプリケーション
    AIを活用したアプリケーション 既存のAIサービスや自分が作ったAIをシステムに組込み、画像判定を行います。
  • Webアプリケーション
    Webアプリケーション Twitterのような「つぶやきアプリ」やビジネスチャットのアプリを作成します。
  • モバイルアプリケーション
    AIを活用したアプリケーション 「おみくじ」や「心理テスト」など簡単なスマホアプリを作成します。

STEP3 より高度な技術の習得

本校の授業カリキュラムは、徹底&集中的にICTの勉強に特化されています。
開発系
  • プログラミングに限らず、システム設計などより高度な開発技術について学ぶ
  • PythonなどのAIに繋がる最新トレンドについて積極的に取り組む
ORACLEやPython 3 エンジニア認定基礎試験の取得を目標としています。

開発系

セキュリティ系
  • 現行のシステム開発に欠かせない「セキュリティ」に特化した知識の向上を図る
  • 最近急増しているサイバー攻撃に対応していくためのサイバーセキュリティ技術を習得する
SEA/Jの取得を目標としています。

セキュリティ系

インフラ系
  • 企業システムの安定稼働を支える役割を担うため、LinuxOSやネットワーク、セキュリティの知識を学ぶ
  • 国家資格と、実務に生かせるベンダー資格取得に向けた学習を行い、「サーバ構築・保守」に必要な技術を習得する
LPIC/LinuCの取得を目標としています。

インフラ系

STEP4 チーム開発を学ぶ

一人でシステムを作れる基礎技術を身につけたら、次のステップはチーム開発です。
要件定義
提示されたテーマのシステム開発の要件を決めるべく、チームを組みます。顧客からの要求を整理し、チームメンバーで話し合いを重ね、システムに取り入れる機能を検討します。
基本設計
要件定義で決定した内容をベースに、システムの組み立てを設計。チーム内で意見を交わしながら、システム利用者の満足度を意識して設計します。
プログラミング
基本設計の内容をベースに、システム開発を進めていきます。大規模なシステム構築であるため、チーム内で機能ごとに担当を決めてプログラミングを行います。

企業との実践教育

企業の方を講師に招いてSE疑似体験!
チームを組んでメンバーと意見交換しながら、顧客とのヒアリング、設計書の作成などシステムエンジニア業務の一部を体験。現役のエンジニアからどんな評価を頂けるか、最終日の成果発表は「ワクワク・ドキドキ」です。

企業との実践教育

STEP5 実践力UP!コンテスト出場

自分の実力をコンテストで試そう!システム開発系以外のコンテストにも挑戦しよう!
「北海道起業家甲子園」2018・2019
「北海道総合通信局長賞」を2年連続獲得!!
ICTを活用したビジネスプランを競う「北海道起業家甲子園(総務省北海道総合通信局主催)」にて、本校学生チームが2年連続「北海道総合通信局長賞」を獲得!

「北海道起業家甲子園」2018・2019

「第3回 専門学校 HTML5作品アワード」
HCSのITシステム科チームが2部門受賞!
専門学生の作品作りを応援するコンテスト「第3回 専門学校 HTML5作品アワード」にて本校のITシステム科学生チームが2部門を受賞!

「第3回 専門学校 HTML5作品アワード」

STEP6 技術研究、次のステージへ

就職先で即戦力になれるように、ゼミ研究に没頭!卒業研究発表で成果を発表します。
人工知能研究所(AI Lab)
AI(人工知能)を用いて何かできないかを模索するゼミです。チームごとにテーマを選択し、AIを活用して課題を解決するシステムの開発を目指しています。最終的な成果物は、Webアプリケーションとして動作するシステムを構築しています。AI(学習モデル)を作成するためにPythonや機械学習ライブラリだけでなく、HTMLやJavaScriptなどの言語を使用して開発を進めています。

人工知能研究所(AI Lab)

iOS/Android ネイティブゼミ
スマホの機能やセンサーを利用したネイティブアプリを作成します。カメラやGPS、加速度、ジャイロセンサーなど、スマホの機能は多岐に渡ります。アイディア次第で革新的なアプリになり得るかもしれません。今まで学んだ知識や技術を注ぎ込みつつ、スマホアプリ開発のノウハウを学び、App StoreやGoogle Playで公開することを目指します。

iOS/Android ネイティブゼミ

オープンキャンパス日程一覧を見る 資料請求のお申し込み