北海道情報専門学校 教育研究振興募金のお願い

北海道情報専門学校(HCS)は、1968年(昭和43年)日本の情報社会の幕開けとともに北海道では唯一のコンピュータ技術者養成の専門学校として地域情報化推進の要請により開校しました。
その2年後には、国家試験である情報(処理)技術者試験が創設され、専門学校では日本でもトップクラスの合格率を維持するとともに、多くの合格者を輩出し18,000名におよぶ卒業生は産業界で活躍され『資格と就職のHCS』を実践しています。
教育カリキュラムは、ソフトウェア開発系からAI、自動運転、IoT、ゲーム、ビッグデータ活用などのICT戦略のための新しい人材の育成を視野に進め、これからも次世代の情報社会を支えてまいります。
皆様におかれまして、学生に技術教育と成長の機会を提供する様々な取組にご理解、ご支援を賜りたくHCS教育研究振興募金へのご協力をお願い申し上げます。