夢を広げる充実の「編入学・進級制度」

学びをさらに深めたい、違う領域も覗いてみたい、もっと進路を多彩にしたい。
実際に学んでみて興味・関心が高まるケースはよくあります。
そんな強い意欲を持って学ぼうとする学生のためにHCSでは編入・進級制度を用意しています。
なおこの制度の活用を踏まえ、まずは2年課程で学んでみる、という方法もあります。

編入学例

※ゲームWeb科、3年制学科からの編入学も可能 ※大学併修科卒業後は大学院への進学も可能
2年制学科で技術を学んで卒業後、大学併修科の3年次に編入学し4年間で実践力と学歴を得る!
編入時には単位認定により62単位が認められ、残り62単位を2年間で取得します。

2年制学科を卒業後、4年制学科の3年次へ編入学

Message from Student

卒業後はシステムエンジニアとしてモノ作りに携わりたい!
2年間しっかり学んだ上で編入
大学との併修を始めました

ITシステム科→大学併修科
宮中 雄輝 さん(札幌国際情報高校出身)
もともと大学併修科を志望していたのですが、大学と専門学校の勉強を両立することに不安があり、まず2年制で集中的に技術力を向上させてから編入するのが良いかなと。そのやり方で正解でした。成果は国家試験にも現れて、2年次に応用情報技術者の資格を取得できました。大学科目で経営を学べているのもプラスになっています。将来、企業経営者などと話すのに役立ったり、できることの幅が広がる気がしています。卒業後はシステムエンジニアとしてモノ作りに携わりたいです。好きな自動車に関われたら最高ですね。

進級例1

2年制学科で技術を学んで、ゲームクリエイタ科の3年次に進級し3年間でゲームの世界をさらに深く!

2年制学科から、3年制学科の3年次へ進級

Message from Student

ゲーム開発会社に内定!ゲーム業界を引っ張る人材になる!
ゲームプログラマになりたい
その思いを固めてから進級へ

ゲームWeb科→ゲームクリエイタ科
花田 将義 さん(知内高校出身)
入学時は将来の目標を明確にできていなかったので、就職か進級か選べる2年制学科にしました。進級を決めたのは授業を受けている中でゲームプログラマとして就職したいと気持ちが固まったから。ついていけるか不安もありましたが、HCSは仲間が親身に教え合う雰囲気があるので大丈夫かと。実際にスムーズに順応できて、本格的なゲーム開発にもチャレンジできましたし、ゲーム開発会社に内定! 入社したらさらに力をつけて、ゲーム業界を引っ張る人材になれるよう頑張ります。

進級例2

2年制学科で技術を学んで、システムエンジニア科の3年次に進級し3年間でさらに高度な実践力を得る!

2年制学科から、3年制学科の3年次へ進級

Message from Student

身についたより深い知識とスキルで、人の役に立つ仕事をしたい!
目標以上の資格が取得できて
希望通りの就職も実現できました

ITシステム科→システムエンジニア科
川原 有人 さん(星槎国際高校出身)
高校生の頃はできるだけ早く社会に出て、人の役に立つ仕事をしたいと考えていたので2年制学科へ。その後、進級を考えたきっかけは、1年次秋に基本情報技術者の資格を取得したこと。正直、初挑戦で合格できると思っていなかったので、自信がつき、さらに上位を目指したいと思うようになりました。結果、応用情報技術者、さらに情報処理安全確保支援士試験も合格。より深い知識とスキルを身につけられたおかげで、思い描いた通りの仕事ができる、医療情報システムを開発する企業に内定をいただきました。