1.新型コロナワクチンの大学拠点接種(職域接種)について(6/24更新)

姉妹校である北海道情報大学において新型コロナウイルスワクチンの「大学拠点接種(職域接種)」を行います。
同法人である北海道情報専門学校の学生と教職員も接種対象となり、8月に集中して実施することとなりました。
接種日程
 1回目 8月2日(月),3日(火)
 2回目 8月30日(月),31日(火)

本校では政府の方針に従いワクチンの接種を推奨しています。
なお接種につきましては、学生本人の希望を前提としており強制するものではありません。
安心して通学できる環境を進めるため保護者様のご理解とご協力をお願いいたします。

北海道情報大学 西平学長(医学博士・医師)からのワクチン接種についての動画メッセージをご覧ください。
動画メッセージ

2021年6月24日
北海道情報専門学校
校長 関 信仁

2.学生の登校再開について(6/21更新)

北海道の緊急事態宣言の解除を受け、本校では6月21日より一部対面授業を再開しました。
当面は、対面とオンラインを組み合わせた授業として感染リスクを減らし実施します。

3.新型コロナウイルス感染者の発生について(5/31更新)

本校に在籍する学生2名の新型コロナウイルス感染者は療養期間を終え、既に復帰しています。
また、札幌市保健所から念のためということで、PCR検査対象に5名が指定されていましたが、全員が陰性の判定を受けています。

北海道の緊急事態宣言を受け本校では5月17日より原則オンライン授業、一部分散登校としておりまが、28日の宣言の延長を受け、本校の措置も延長することといたしました。

なお、感染した学生及び関係者に対する差別や偏見などがないようご配慮とご協力をお願いいたします。

2021年5月31日
北海道情報専門学校
校長 関 信仁