大学併修科

4年制

大学の学歴と専門学校の技術力、
両方手に入る

企業が今、真に求めているのは経営の視点と情報活用のスキルを併せ持った人材です。新たなビジネスを切り拓く上でこの2つの要素が大きなカギを握ります。大学+専門学校の長所を活かし、4年間の充実カリキュラムで確かな力を養います。

POINT01 経営戦略を考えるシステムエンジニアが目標
経営、マネジメント、情報活用の知識とスキルを持ち、企業及びクライアントに提案するエンジニアを目指します。
POINT02 幅広いフィールドで活躍できる力を育成
コンピュータ業界に限らず、あらゆるビジネスに対応できる広い視野と教養、知識を育みます。
POINT03 幅広く応用できるICT技術をマスター
プログラミング、システム設計、セキュリティ、ネットワークなど応用力の要となる知識を身につけます。
POINT04 学歴と技術力を併せ持つ「大卒」を目指す
大学の学歴、専門学校の技術力、さらに各種の資格取得で最強の「大卒」になります。
POINT05 最新のトレンド技術も特別授業として学ぶ
今話題のAI、IoT、ビッグデータ、VRといった最新トレンドの技術も特別授業で学びます。

先生からのメッセージ 先生からのメッセージ

先生からのメッセージ 矢代先生

実力アップの原動力は興味と関心
誰にも活躍の道が開けます

確かな技術を土台に、新たなニーズを創出しマーケットを開くことのできる人材を養成するのがこの学科です。そのためにコンテストに参加したり、外部講師を招いてセミナーやワークショップを開催するなど多様なチャレンジを行っています。トリプルライセンス(学士、高度専門士、情報関連資格)の獲得も可能です。興味さえあれば大丈夫、誰にもチャンスはあります。「考える力」「造る力」を身につけて世界で活躍できる人材になりましょう。

Q授業形態はどのようになっているのですか?
A専門学校の授業は本校の専任講師による実習と座学、大学の授業は専用回線を使ったIPメディア授業、専門学校内で大学の教授が直接授業を行うスクーリング授業、個々のペースで自由な時間に学ぶインターネット授業などで学びます。専門学校から高度な技術、大学から知識・教養、その両方を学べる先進的な授業形態です。
Q大学の勉強についていけるか不安です。
単位取得は大丈夫なのでしょうか?
A大丈夫です。クラス担任制を実施していますので、担任の先生にいつでも質問や相談ができますし、クラスの仲間と助け合っていけるので安心です。これまでに入学した学生のほとんどは順調に単位を取得し、4年間で卒業しています。

AI・ICTエンジニアコース

「大卒」の学歴に加え、「高度ICT技術」を身につけているので就職力が抜群です。就職先はICT業界から、金融・流通業界まで多彩。 AIエンジニアからネットワーク管理者、総合職、営業職など、就ける職種の幅が広いのが特徴です。また、当学科では最高難易度の国家試験[情報処理安全確保支援士試験]等に多数合格しています。

AI・ICTエンジニアコース

ゼミ・卒業研究 ゼミ・卒業研究

摩訶大大将棋部!
〜リアルとバーチャルで摩訶大大将棋を楽しむ〜
最新の技術を使って、最古の将棋で遊ぶゼミです。リアルとバーチャルを追及して摩訶大大将棋を楽しむのがモットーです。まずはルールを覚えることからスタート!実際に作成してリアルを体験しよう!最終的な成果物は、Webアプリケーションとして動作するシステムを構築します。
  • 摩訶大大将棋は平安時代に生まれた将棋。なんと駒の種類は77種!実際の本将棋と比べてみると… ▲摩訶大大将棋は平安時代に生まれた将棋。なんと駒の種類は77種!実際の本将棋と比べてみると…
  • 作成時間は約3時間。費用は1万円ほど。ホワイトボードと磁石を使って、摩訶大大将棋を作って遊んでみたよ! ▲作成時間は約3時間。費用は1万円ほど。ホワイトボードと磁石を使って、摩訶大大将棋を作って遊んでみたよ!
  • 摩訶大大将棋のアプリ。対人戦は対戦部屋を作成して対戦するよ!ヘルプを使ってルールや駒の動きも確認出来るよ! ▲摩訶大大将棋のアプリ。対人戦は対戦部屋を作成して対戦するよ!ヘルプを使ってルールや駒の動きも確認出来るよ!
  • コンテスト入賞実績
  • ゼミ・卒業研究

ゼミ・卒業研究 授業形態

  • IPメディア授業
    IPメディア授業/リアルタイムで講義を配信
    専用回線を使って生放送、それが「IPメディア授業」です。大学に出向くことなく、本校で北海道情報大学の講義をライブ受講できます。スクリーンに映る教授に直接質問もできます。
  • インターネットメディア授業
    インターネットメディア授業/
    学生一人ひとりの学びをサポート
    文字、音声、写真、動画などをフル活用して解説する、本学独自のインターネット授業です。コンピュータ画面の問題に取り組み、電子掲示板やメールで質問や意見交換もできます。まさに授業自体がマルチメディア教材です。
  • スクーリング授業
    スクーリング授業/教授が直接講義
    本校で北海道情報大学の教授が講義を行う「スクーリング」があります。科目選択によっては本学で開催される「夏期/冬期スクーリング」を受講できます。
  • フォロー授業
    フォロー授業/講師が万全のフォロー
    本校の講師が大学の単位取得に向け、フォローする授業です。レポート提出から単位取得まで、徹底的にサポートしていきます。
資格実績を詳しく見る

PICK UP

  • 本校学生が学生向けの起業セミナーを実施 北海道起業家甲子園に向けた
    スキルアップ講習会
    2019年11月9日、学生向けの起業セミナーである、「北海道起業家甲子園に向けたスキルアップ講習会」が行われました。
    起業家甲子園とは、総務省と国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が主催する全国規模のビジネスコンテストで、地方予選に相当する大会が「北海道起業家甲子園」です。本講習会では、北海道起業家甲子園の前年度最優秀チームのメンバーである本校学生が、起業を志す学生に向けて、ビジネスプラン立案におけるポイントを、体験談を交えて説明しました。
  • 前年度最優秀チームのリーダー、システムエンジニア科の髙石さんが、自身が考えたビジネスプランを説明。

  • 髙石さんと共にコンテストに取り組んだ、情報大学併学科(現:大学併修科)真鍋さんの説明。

コンテスト実績

  • ビジネスコンテストの全国大会に出場 日本ビジネスデザイン全国発見&発表会
    2020年10月27日、東京の神田明神ホールにて、ビジネスコンテストの全国大会である、「日本ビジネスデザイン全国発見&発表会Ⅵ2019〜2020」が開催されました。地方大会である「北海道ビジネスデザイン発見&発表会Ⅵ」を勝ち抜いた、大学併修科の「ちーむがーる」が、キャンパス部門(学生部門)の北海道代表としてプレゼンテーションを行いました。コロナ禍のため、学校からオンラインでの参加となりましたが、審査員を務める企業経営者を前に、堂々たるプレゼンテーションでした。
  • 大学併修科の4人の学生から成る「ちーむがーる」が、コスプレイヤーを支援するビジネスプランを発表。髙橋さんが、チームを代表して、オンラインでのプレゼンテーションを実施。

    大学併修科の4人の学生から成る「ちーむがーる」が、コスプレイヤーを支援するビジネスプランを発表。髙橋さんが、チームを代表して、オンラインでのプレゼンテーションを実施。

在校生からの声 在学生からの声

ICT技術に加え、リーダーシップやコミュニケーション力も磨かれました

4年間の学びの集大成として今は卒業研究である企業情報管理アプリの開発に取り組んでいます。チームでシステム開発に向き合っていて、私は要件定義書の作成など書類関係の担当です。そうした中でリーダーシップやスケジュール管理の重要性、コミュニケーション力なども磨くことができたように思います。卒業後はHCSの母体である電子開発学園で修得したICT技術を活かし教員になります。自身の経験を活かして学生に頼られる先生を目指しています。

大学併修科 
池田 朱里 さん(札幌新陽高校出身)

[取得資格]●基本情報技術者

〜入学から卒業まで〜
4年間のロードマップ

経営学の知識と、実践的な情報技術を武器に、総合職として活躍できる人材へ。
大学生でしかできないこと(海外留学、卒業論文)と専門学校生でしかできないこと(資格取得、技術習得)の両立を目指します。

〜入学から卒業まで〜4年間のロードマップ

横にスクロールするとロードマップが確認できます

就職実績を詳しく見る
オープンキャンパス 資料請求