(3年制)システムエンジニア科 AIエンジニア・SEコース

AIエンジニア・SEコース

従来のエンジニア+AI(人工知能)で、
次の時代を担うエンジニアを目指す
従来のコンピュータシステムに大きな変革を起こす技術、それがAIです。本校では、従来のシステム開発系授業に加えてAIが搭載されたシステムの構築にも挑戦します。また、従来から取り組んでいるJava言語に加え、新たにPythonを学習。技術者としての活躍の場が広がります。技術/知識だけでなく、エンジニアとしてのマインドもしっかり養います。

AI(人工知能)
技術者の将来性

  • ●AIエンジニア(高度IT人材)として価値が高い
  • ●あらゆるIT企業から注目されている
  • ●今後、ますますAIサービスの需要は増加

今、社会では従来のスキルを持ったエンジニアに
プラスα(付加価値としてのAI技術)が求められています。

情報ネットワークが成熟した現在、AI(人工知能)によるデータ分析が「企業サービス差別化の要(かなめ)」といわれています。現状、多くのIT企業がAI(AI開発/データ分析)に着目し、求める人材も「コンピュータスキル+AIスキル」を持った、AIエンジニアへ注目が集まっています。AI技術を利用したサービス・製品の需要は、今後ますます増加していくことが予想され、ますます本校「AIエンジニア・SEコース」での学びには、期待が高まっています。

エンジニア+AIを学んで、例えば
「プランニング」から「エンジニアリング」まで


 「プランニング」の仕事は、自社の製品やサービスにAI(人工知能)を活用出来るかの判断や助言を行っています。「エンジニアリング」の仕事は、今人気のプログラム言語「Python」を使用し、「scikit-learn※1」や「TensorFlow※2」等のライブラリを活用して、日夜研究・開発を行います。これらの仕事は、これからの社会には欠かせない仕事であり、AIの知識や技術がなければできない仕事です。 ※1)「scikit-learn(サイキットラーン)」とはオープンソースの機械学習ライブラリで、分類や回帰、クラスタリングなどの機能が実装されている。
※2)「TensorFlow(テンソルフロー)」とはGoogleが開発しオープンソースで公開している、機械学習に用いるためのソフトウェアライブラリ。

AI技術を生かした「AIシステム」で
全国大会「最優秀賞(第1位)」を獲得!!

農作物獣害AIで防ぐ
平成31年1月19日(土)に行われた、「第15回ビジネスプロデュースコンペティション(全国専門学校情報教育協会主催)」で本校システム科3年生チームが出場!本校の学生が制作した「Search Sensor」が全国107組の中から最優秀賞に選ばれました。

HCSが所属するグループには
IT企業と研究所まで

最先端の知識・技術でHCSのAI教育をサポートする「eDCグループ」

全国展開する 「電子開発学園グループ」

HCSは、1大学・10専門学校からなる全国ネットワークの一員です。全国ネットワークにより蓄積された教育ノウハウをもとに、ICTを駆使した質の高い人間性重視の教育を実現しています。AI教育においても各々が連動したカリキュラムを学ぶことができます。

IT研究の先端機関

北海道情報技術研究所は、インターネット及びeラーニングシステムの高度利用に関する研究開発を行っています。全国でいち早く実現したIPメディア授業で、AI分野の受講をすることができるのは、この研究所があるからです。
未来を開くIT技術

宇宙技術開発㈱(SED)はロケットの打ち上げ支援、人工衛星の追跡管理運用、さらには衛星から送られてくるデータの解析・利用サービスも担っています。HCSの学びは世界的レベルとも言えるのです。

最強のITプロ集団

㈱SCCはIT最前線にあるトップ・システムインテグレーター(コンサルティングから設計、開発、運用、保守、管理まで一括で行う企業)で官公庁や各業界をリードする大手企業に対して、さらなる発展に向けた戦略を提供しています。「先進技術推進室」では、AI(人工知能)をはじめ、AR・VRの技術を用いた新たなソリューションを提案しています。

HCSなら基本から
しっかり、AI(人工知能)を学べる

学びのイメージ

「Python」を学習
AIシステムでよく使われる、今人気のプログラム言語「Python」を学びます。
AIの基礎を学習
AIを活用・開発するために必要な基本的な知識を学びます。
外部サービスを活用
既存のAPIの活用方法を学び、新たなAIサービスを生み出します。

Message from Teacher

AIは皆さんのアイディアを実現するための心強いパートナーです!
AIは皆さんのアイディアを
実現するための心強いパートナーです!

橋本先生
IT業界で今一番注目されている技術がAIです。AIを活用することで、今までは人間にしかできなかったことが、機械にもできるようになってきています!AIは特別なものではなく、皆さんの身近な不便、不満の解消にも活躍してくれます。私たちと一緒にITやAIについて基礎からしっかり学習することで、皆さんのアイディアがシステムとして実現できるようになります。AIで世の中をもっと便利に楽しくしていきましょう!
AI(人工知能)を使いこなし、より便利なサービスを作り上げよう!
AI(人工知能)を使いこなし、
より便利なサービスを作り上げよう!

佐藤先生
現在、多くの企業がAIを活用しようと必死に取り組んでいます。また、従来のシステム開発も、これまでと同様のニーズが見込まれます。そのため、従来のシステム開発のスキルに加えAI技術のノウハウを持ったエンジニアが求められます。本校では、プログラミングなど従来のシステム開発に必要な技術に加え、AIの概要や活用方法を学び、AIを活用したサービスの考察なども行います。一緒に時代を担うエンジニアを目指しましょう!

やるからには
最先端&最強の
エンジニアを目指そう

3年間、徹底&集中的にITの勉強に特化します。目指すのは、世界を動かすエンジニアです。
システムエンジニアとして現場で活躍してきた教員が、その知識と経験とネットワークをフルに駆使して教えます。
AIなど最新のトレンドにも積極的に挑みます。

HCSだからできる、
高度な資格への挑戦と豊富な実習量

在校生の「国家試験取得者」621名

  • ハイレベルなシステムエンジニアを育成
    自ら考え、発想し、企画を立て、図面を描いて開発ができるシステムエンジニアを育成します。
  • 重視されるセキュリティの領域も学ぶ
    今のシステム開発にネットワークとの関連は不可欠。重要なセキュリティについても広く深く学びます。
  • 海外でも活躍できる
    実力を身につける
    世界標準とされるネットワーク資格「CompTIAのNetwork+」を学習。海外で活躍できる力を身につけます。
  • 高度な資格取得を
    目指す
    現役プロも受験する資格に挑みます。取得すれば就職は断然有利。資格取得者は多数誕生しています。
  • 豊富な実習で
    技術力と応用力を磨く
    実習量が他より圧倒的に多いのが特徴です。さまざまな実習を通じてプロ並みの実践力を養います。

入学者の85%が経験ゼロ!
最初は基礎から、でも卒業後には業界をひっぱるプロに

入学者の85%が経験ゼロ!最初は基礎から、でも卒業後には業界をひっぱるプロに

Message from Student

本格的なシステムを作る充実感、
それをやり切る達成感が夢を広げます

この学科の学びはまさに本格的。3年次の「システム構築演習」では、数ヶ月をかけて「ビデオのレンタルシステム」をテーマにゼロから設計・開発しました。
僕のチームは集客効果を高める仕組みとして、ポイント制と、自動で送られるメールマガジンでその人の傾向に合わせた新作を案内する機能を搭載しました。大きなシステムの設計は初めてでしたが、無事に形になって達成感は大きかったですね。将来は、キャッシュレス・ツールレスの決済システムを開発したい、これで世界に名をとどろかせたいです。

システムエンジニア科 3年
横濱 光 さん (札幌丘珠高校出身)

[取得資格]
●情報処理安全確保支援士 ●応用情報技術者 ●基本情報技術者 ●SEA/J ●情報検定(情報処理)1級 ●情報検定(システムエンジニア認定) ●情報検定(情報デザイン)上級

社会で活躍する先輩から 卒業生メッセージ

プログラム初心者から大会、
国家資格取得を経て
大型システムの開発ができる人材へ

プログラム初心者から大会、国家資格取得を経て大型システムの開発ができる人材へ

TOPICS

道内専門学校初!
「AIエンジニア」育成コース誕生!

AI(人工知能)は数年後には数十兆円規模の市場になると言われている最先端技術です。最先端であるがゆえ、AIシステムを構築できるエンジニアは極端に不足することが予想されています。
IT業界が熱望する「AIエンジニア」育成コースの立ち上げは、グループにIT企業と研究所を持つ本校だからこそ実現できる最先端のコースです。
従来のシステムエンジニアに必要なスキルはもちろん、AI技術者の視点を持った魅力あるエンジニアを目指します!!

オープンキャンパスで確認しよう 新体験メニュー「PythonでAI開発を体験しよう!」
HCSのオープンキャンパスにAI開発の新メニューが登場!

このメニューは、今流行の画像認識技術を活用した、自分だけのアシスタントAIを作れてしまうという驚きの内容!キミもオープンキャンパスでAI技術を体験してみよう。

就職就職率はもちろん、もっと凄いのは”就職の質”です。

目指す職業
●システムエンジニア(SE) ●AIアプリケーションエンジニア ●セキュリティエンジニア
●データベースエンジニア ●システムアーキテクト 他
こんな有名企業に内定しています
(株)HBA、(株)エイチ・アイ・ディ、(株)クレスコ、(株)システナ、(株)つうけんアドバンスシステムズ、(株)ラック、ほくでん情報テクノロジー(株)、宇宙技術開発(株)、日本アイビーエム・ソリューション・サービス(株) 他多数
安心の就職実績

資格国家試験実績「全国No.1」、スキルを証明する資格を武器に社会で活躍できる!

目指す資格
●情報処理安全確保支援士試験【国家試験】 ●データベーススペシャリスト【国家試験】 ●ネットワークスペシャリスト【国家試験】
●応用情報技術者【国家試験】 ●基本情報技術者【国家試験】 ●情報セキュリティマネジメント【国家試験】
●情報セキュリティ教育・認定資格(SEA/J) ●CompTIA認定資格 ●ORACLE MASTER Database
●Linux技術者認定試験(LPIC/LinuC) 他
全道ナンバーワンの資格実績

主な学習内容

1年次

SEに必要な「知識」の習得を目指します。基礎から一つずつ丁寧に学んでいくため、初心者でも無理なく勉強を進めることができます。

2年次

実習を通じて「技術」の習得に励みます。基本的なプログラミングはもちろん、後期からはPythonなどのAIに繋がる科目がスタートします。
必須科目
●Linux ●オブジェクト指向プログラミング1 ●ヒューマンスキル ●プレゼンテーションスキル ●Webアプリケーション構築1 ●ビジネスマナーと文書技法 ●アプリケーション開発技術 ●ネットワーク応用2 ●SQL ●SEA/J基礎 ●jQuery ●IT業務概論 ●実践システム開発演習 ●総合情報処理1 ●認定対策講座2 ●就職対策講座1 ●行事・体育
専攻科目
必須A1●オブジェクト指向プログラミング2 ●Webアプリケーション構築2 ●オブジェクト指向設計
必須A2●オブジェクト指向プログラミング復習講座 ●Webアプリケーション構築2 ●オブジェクト指向設計
必須B1●オブジェクト指向プログラミング2 ●ネットワーク構築(Basic) ●CCENT対策講座
必須B2●オブジェクト指向プログラミング復習講座 ●ネットワーク構築(Basic) ●CCENT対策講座

3年次

科目を通してSEの業務を疑似体験し、「経験」を積みます。AI を活用したシステムを構築して理解を深めるとともに、より実践的な資格取得にも挑戦します。