システムエンジニア科

3年制

やるからには最先端&
最強のエンジニアを目指そう

3年間、徹底&集中的にICTの勉強に特化します。目指すのは、世界を動かすエンジニアです。システムエンジニアとして現場で活躍してきた教員が、その知識と経験とネットワークをフルに駆使して教えます。AIなど最新のトレンドにも積極的に挑みます。

POINT01 ハイレベルなシステムエンジニアを育成
自ら考え、発想し、企画を立て、図面を描いて開発ができるシステムエンジニアを育成します。
POINT02 重視されるセキュリティの領域も学ぶ
今のシステム開発にネットワークとの関連は不可欠。重要なセキュリティについても広く深く学びます。
POINT03 海外でも活躍できる実力を身につける
国際的に認知されたベンダー資格・ベンダーニュートラル資格を学習。海外で活躍できる力を身につけます。
POINT04 高度な資格取得を目指す
現役プロも受験する資格に挑みます。取得すれば就職は断然有利。資格取得者は多数誕生しています。
POINT05 豊富な実習で技術力と応用力を磨く
実習量が他より圧倒的に多いのが特徴です。さまざまな実習を通じてプロ並みの実践力を養います。

先生からのメッセージ 先生からのメッセージ

先生からのメッセージ 飯野先生

プロと同じチーム体制での実習が
現場で使える本物の実力を養います

実践力の獲得が、この学科のテーマ。実習時間を多く設定し、プログラミングやシステム設計など、実際に取り組む中で知識と技術を身につけられるようにしています。実習スタイルも企業などと同様に、チームを組んでメンバーで意見交換しアイディアを出し合い、役割分担して作り上げていきます。自分たちで組んだプログラムが指示通りに動くと楽しいですよ。その楽しさがエンジニアのやりがい。この学科でそれを実感できるはずです。

HCS TOPICS HCS TOPICS

ベンダー資格・ベンダーニュートラル資格
当学科では高度な実践力習得を目的に、メーカーや団体とアカデミック契約を結び、業界標準のよりハイレベルな技術習得を行います。道内教育機関で4つ全て学べるのは大学・専門学校でHCSだけです。
  • ベンダー資格とは…ベンダー(メーカー)が、自社で開発した製品についての操作技術能力や管理技術能力の認定資格。
  • ベンダーニュートラル資格とは…特定のベンダーの技術や製品に依存しない認定資格。
ベンダー資格・ベンダーニュートラル資格
資格実績を詳しく見る
  • AIエンジニア専攻
    プログラミング言語Pythonや
    IoTを理解し
    需要高まるAIエンジニアへ。
  • ネットワークエンジニア専攻
    設計、構築、監視・運用など
    マルチに活躍する
    ネットのプロを目指そう。
  • サイバーセキュリティ専攻
    安全・安心の環境を守り抜く
    スペシャリストは
    現在ニーズ上昇中。
  • インフラエンジニア専攻
    ICT活用の基盤整備・保守・運用に
    力を発揮する
    「陰の実力者」を養成。
  • SE・プログラマ専攻
    プログラミングスキル獲得から
    システム設計まで
    広く深く熱く指導。

ICTの各分野を総合的に学ぶカリキュラムをベースとしつつ、それにプラスして専攻ごとに将来の武器となる専門力を身につけます。目標とする国家試験は情報処理安全確保支援士やデータベーススペシャリストなど最難関のレベル4。実務に近いシステム開発実習を重ねて実践力を磨き、卒業研究ではプロにも引けを取らない本格的なシステム開発に挑戦します。

ゼミ・卒業研究 ゼミ・卒業研究

ライフハックアプリ研究所(ライハ研)
日々生活していて「面倒だなぁ」と思ったことや「もっとこうなっていたら良いのに!」といった不満を感じたことはありませんか?ライフハック(Life Hack)とは、日常を簡単に、効率良く、楽しくするための工夫のことです。『実際に日常で使える!』『使って楽しい!』アプリケーションを考え、形にすることを目指します。使用言語は自由となっており、今までに学んだ知識と技術の全てを注ぎ込むことができるゼミです。
  • 顔写真からデータを解析、似てる有名人を判定してくれるアプリ『SAWA』 ▲顔写真からデータを解析、似てる有名人を判定してくれるアプリ『SAWA』
  • Twitterのツイートを解析、炎上候補の文章を判断し変換するアプリ『echoes』 ▲Twitterのツイートを解析、炎上候補の文章を判断し変換するアプリ『echoes』
  • 姿勢や歩幅、腕の振りなどの歩き方の特徴歩容認証を用いて人の判別する『学AI』 ▲姿勢や歩幅、腕の振りなどの歩き方の特徴歩容認証を用いて人の判別する『学AI』
  • コンテスト入賞実績
  • ゼミ・卒業研究

在校生からの声 在学生からの声

AIによる画像認識を使って新しいシステムを開発したい

最近興味を持っているのはAIの画像認識です。自動車の衝突回避支援システムや防犯カメラの不審者検知などに活用されている技術で、自分にも何か作れないかと考えています。その基礎段階として実習では、猫や犬の画像を、手描きの絵でもそれだと判断させるシステムの開発に取り組んでいます。これからもさまざまなシステム開発にチャレンジしながらしっかり基礎を固め、卒業後は最先端に対応し続けられるAIエンジニアになりたいです。

システムエンジニア科 
原口 竜也 さん(札幌新陽高校出身)

[取得資格]●基本情報技術者 ●情報検定(情報活用)1級 ●情報検定(情報システム)システムエンジニア認定 ●情報検定(情報システム)プログラマ認定 ●情報セキュリティ技術認定基礎コース(CSBM)

インフラエンジニアとして暮らしの基盤を支えたい

交通や通信など暮らしの基盤を支えるインフラエンジニアを目指しています。それに向けて学んでいるのはサーバーの構築に用いるコマンドや保守運用方法です。発想力よりも確実な知識を持って、決められたルールに沿って対応することが求められる分野であり、コツコツ型の自分に合っていると感じています。その実力を証明するLPIC(Linux技術者認定試験)など関連資格を1つでも多く取得し、目標を実現できるよう頑張ります。

システムエンジニア科 
小出 悠希 さん(留寿都高校出身)

[取得資格]●情報検定(情報活用)
1級 ●情報検定(情報システム)プログラマ認定

〜入学から卒業まで〜
3年間のロードマップ

〜入学から卒業まで〜3年間のロードマップ

横にスクロールするとロードマップが確認できます

就職実績を詳しく見る
オープンキャンパス日程一覧を見る 資料請求のお申し込み